FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
午前中に更新とは‥僕にしては珍しい事をしています(苦笑)
朝はちょっと弱い方ので、中々朝からブログを書く事はしません^^;

今日は個別銘柄に関して、色々お問い合わせも頂いていますのでちょっと書きます。



〔8303 新生銀行〕

8303.jpg


〔3773 AMI〕

3773.jpg



〔3773〕はサービス?になるかわからないですけど、現在ポートフォリオには入れていませんが中期推奨継続中。

〔8303〕は、数日間ほどで短期推奨終了。
こちらもポートフォリオには入れませんでしたが、金融緩和発表のタイミングで上がり翌日にフォロー終了。

昨日からは、とある医薬品セクター空売り推奨。今日は下落しております。三空叩き込みに賭けました。

最近ブログが好評を頂いているようで、ちょっと書いてみました。なんかご参考になれば幸い。
毎日更新するようにしてから、嬉しいお言葉を貰える機会が増えている気がします。ありがとうございます。

昨日売ったドル円は、まだホールド。ウロウロしてますよね^^;

また、夜書きます。



スポンサーサイト
2013.02.19 アテナ
〔日経先物 週足〕

nks.jpg



〔日経先物 60分足〕

nk60.jpg



〔ダウ先物 週足〕

daus.jpg



以前、よく出来たチャートばかりではないと言いましたが、ここまで強烈なチャートも珍しい。
特に、日経先物の週足です。何か見えない力・神でも宿ったかのようでもある。

反して、60分足では今、瀬戸際にある。また、レンジ下限まで降るのかどうか。
レンジ相場も2週間以上続けば、〔またか〕という思いも出てきます。
オプション取引だけなら、これも好都合な項なのですがそうもいきません。
ここ数ヶ月で、ストライクプライスをいくつぶち抜いてきたことか。

現にサポートラインが良く機能し、何度でも息を吹き返す。
週足に限っては、鞭を入れ続けられている逃げ馬だ。少し、失速しても何度でも叩かれて、走る。

休息は、息つく暇もない。



〔よく出来たチャートばかりではない〕が、波乱はなし、か?どうか。
〔ダウ 1時間足〕

dadadadadada.jpg



あまりに売りたいチャートなので載せました。
ダウの1時間足なので、短期と見るのが今は正しいかもしれません。

ダウは週足が1番正直だと思っているので、分足、時間足、日足は短期と見ます。
NYに関しても近頃は乱高下しております。ダウ14000$という節目で、この動きは目先天井となる可能性を含んでいます。

もうすぐ一目の雲も抜けるのではないかと思っていますが、どうなるでしょう。


関東の今夜は寒いです。
何か雰囲気が変わってきたように思う今日この頃という感じです。
そろそろ第5963回欧州危機の開催でしょうか?ご苦労さんです。

チャート見て、テクニカル・ファンダ見ても分からない雰囲気というものが相場にはあります。
ただその雰囲気というのが騙しという時もあるから、悩むのです。



〔イタリア MIB指数〕

MIB.jpg



昨日からイタリアが下落しています。
10年・5年国債の入札がうまくいかなかったようですね。
利回りが2年半ぶりの低水準。前回4.48%→今回4.17%
5年国債は前回3.26%→2.94%

欧州危機再燃?
いえ、ずっとヤバいのです^^;
何も解決しないままほっておくから治らない虫歯と同じです。
鎮痛剤で痛みを飛ばしていても、いつか更に大きな痛みで苦しむ事になります。

僕の友人がスペインに在住しているのですが、実情は相当ひどいようです。
若者の失業率50%超というのは本当のようで、若いのにホームレス。昼間からゴミ箱を漁る若者も多数いるようです。
ひったくりも日常茶飯事。日本ではなかなか想像しにくい光景だそうです。
それなのにラホイ氏は強がりばかりを言っていますね。どうしてそんなに強がれるのか?不思議でなりません^^;
これ以上借金増やしてもどうしようも出来ないのはわかりますが、、、日本も出資していますからね。

ギリシャと同じなのですよスペインも。アイルランド、ポルトガル、イタリア、ポーランドも次いでいます。

欧州危機というのは、度々調整や下落相場の理由に使われてきました。
今回は‥う~ん、まだ開催されるか微妙なところですね(笑)

今日の日経は時間調整。上下に振って終値は結局前日比変わらぬところ。
今の日経なら欧州危機なんて関係なしに騰がる?それなら、それもいいでしょう。
雨が降っても傘をささない性分ではありませんので、僕は降らぬ先の傘。
2013.01.28
ファナックが下げ止まらない。

〔6954 ファナック〕
fanac.jpg



ここ数年で著しく上昇し続けてきたが、2013年大発会から値を落とし始め、久しい雲抜けかというところまできた。

昨年、アップルがIphone5を発表して天井をつけたあの頃から既に懸念されるべきものだったのかもしれません。

〔アップル〕

apuru.jpg



ファナックのロボット事業はiphone生産にも多大な影響を与えていた。しかし、
理由がそれだけなら まだしも、売上高、営業利益減益に加え、中国との関係悪化から需要も低迷し続けている。


日経は年内に15000円だのなんだの言われているがこれまで日経やTOPIXといった指数を支えてきたひとつであるファナックの復活無くして達成は可能なのでしょうか?アナリスト様。


僕は悲観論者では決してありません。
ファナックは広い目で見れば小さい要因のひとつかもしれません。

ただ、アップルが悪い鏡にならなければ良いと今は、そう、思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。